▶︎Outline 概要

 

March for Life is a peaceful, joyful and prayerful annual demonstration marching by the people who hope to abolish abortion from the world for the children, for the women, for the families. Our March for Life in Japan began on July13 2014 at Tokyo organized by Lay Catholic Masaaki Ikeda with Pastor Kenzo Tsujioka of “Pro-Life Japan” after original March for Life in Washington D.C.

 

We go marching in the midst of Tokyo as a front line of Pro-Life movement in Japan every year, and also our March is going on every day to lead activities that would let society turn from accepting abortion to promoting Culture of Life.  

 

With spirit of whom being troubled by pregnancy, and regretted not having kept her pregnancy, we are marching toward the future unthinkable of abortion for anyone.

Let’s walk together for life!

マーチフォーライフとは、子どもと女性と家族のために、世の中から中絶をなくしたいと願う人たちのデモ行進です。毎年おこなわれる平和で喜びにあふれる祈りの行進です。米国ワシントンD.C.でおこなわれているMarch for Lifeに触発されたカトリック平信徒の池田正昭が「小さないのちを守る会」の牧師・辻岡健象先生とともに日本版マーチフォーライフを立ち上げ、2014年7月13日に最初の一歩をしるしました。

 

以来、日本におけるプロライフ(pro-life)ムーブメントの最前線として東京の中心地を毎年行進しつづけるとともに、妊娠中絶を合法とする社会が「いのちの文化」に向かうことを求めて、毎日さまざまな取組みをつづけているマーチフォーライフです。

 

授かったのに産めないと悩んでいる人…授かったのに産めなかったことを後悔している人…そんなわたしたちたちのいろんな思いとともに。すべての「いのち」が大切にされる、もう中絶なんかしなくていい社会をめざして。

ともに歩もう!「いのち」のほうへ。

 

▶︎ History マーチの歩み

◯July13 2014  2014年7月13日(日)

After the date -13 July 1948- when Eugenic law allowed interruption of pregnancy aiming to have an abortion was legalized, Japan’s first March for Life took place on Sunday July13, gathered at Sakamoto-cho park in Chuo-ku, Tokyo. 33 people went on 1 hour marching through Nihonbashi, Yaesu, and Ginza-Sukiyabashi to Hibiya-park.  

日本初のマーチフォーライフ。堕胎目的の妊娠中絶を合法化した優生保護法が成立した日(1948年7月13日)にちなんで、7月13日に実施。東京都中央区坂本町公園に集合し、日本橋、八重洲、銀座数寄屋橋から日比谷公園までの1時間のコースを有志33名が行進。

◯July12 2015   2015年7月12日(日)

Number of marchers was two times or more than those of last year, gathering at Sakamoto-cho park and marching toward Hibiya park as last year. The majority of participants were members of Pro-Life Japan responded to a call from Pastor Kenzo Tsujioka. 

前年の2倍以上の参加者が坂本町公園に集合。前年と同じコースを日比谷公園まで笑顔で行進。参加者の大半が、辻岡健象先生の呼びかけにこたえて集まった小さないのちを守る会の会員のみなさん。

◯July10 2016   2016年7月10日(日)

The meeting place was changed to Tokiwa park, Chuo-ku, near Kanda Station. Main route to Hibiya park was the same as previous years.

集合場所が神田駅に近い中央区常盤公園に。ゴールはこれまで同様に日比谷公園。

◯July17 2017   2017年7月17日(月)

Marchers gathered at Tsukiji Catholic Church. The events were March for Life and Mass for the Unborn. After the Mass, marchers started 1 hour or more walk with Priests’ Blessings.  Main route through Nihonbashi, Yaeshu, and Ginza-Sukiyabashi to Hibiya park was the same as previous years. Number of participants was two times or more than last two years. The majority amount of increase was Catholic faithful, and there were many non-Japanese. There was also Our Lady of Fatima Statue carried by the shoulders of faithful

カトリック築地教会が集合場所に。産まれる前の子どものためのミサをあげてから、司祭の派遣の祝福とともに行進を出発。日本橋、八重洲、銀座数寄屋橋をまわって日比谷公園まで歩くコースは、ほぼこれまでと同じ。参加者は約150名。ミサでは聖堂が満席に。参加者数は昨年、一昨年の2倍以上となったが、増加分のほとんどがカトリック信者。外国人の方々が目立ち、おみこしに載ったファティマの聖母も行進に参加。

HELP JAPAN T0 STOP ABORTION
 

▶︎What is abortion

中絶って何

妊娠11週から12週の胎児のエコー画像です。中絶とは何か。妊娠の中絶を決断する女性や執刀する医師の立場からだけでなく、この「子」の立場から現実を見なければなりません。もしまだ11週なら、生きたまま突然ばらばらに破壊され子宮から搔き出されるのが前期中絶です。11週の胎児には痛みを感じる神経組織がすでにそなわっています。12週を過ぎていれば、もう少し成長するのを待って、しかし母体外ではまだ生きられない週数であることが分かったうえで、人為的に分娩させられ息絶えさせられるのが日本における中期中絶です。胎児の抹消を意図する堕胎目的の妊娠中絶が日本では合法的におこなわれていますが、中絶を選択する理由の如何に関わらず、胎児も一人の人間であるなら、それはもれなく非道な虐殺行為にちがいありません。

Showing graphic is an ultrasound picture of 11 or 12 weeks gestation fetus. What is abortion?  Not only from the viewpoint of woman choosing to abort or of doctor operating abortion, reality of abortion must be viewed from the child in the womb. If he or she is 11 weeks gestation, it is first trimester abortion that he or she is divided into pieces and scraped out of the womb. Nervous system feeling pain has been formed until 11 weeks. If he or she is over 12 weeks, it is second trimester abortion that he or she is remained in the womb for some more weeks until 22 weeks viable outside the womb and forcibly born to death. Although interruption of pregnancy aiming to abort the child is operated legally in Japan, every operation of any reason is nothing but massacre if unborn is considered a person.

ちなみにこのエコー写真の妊娠11、12週の胎児と、写真の生後5ヶ月の女の子は同一人物です。赤ちゃんの面影がエコー写真にはっきりあらわれているではありませんか。

Look. This baby Gabriela 5month after birth is the same person of 11 or 12 weeks fetus before birth on the ultrasound picture. Can’t you see Gabriela’s image on the ultrasound picture vividly!

もちろん、中絶を考えざるをえない立場に追い込まれた女性は誰よりも助けを必要とする社会的弱者です。産めない。産んでも育てられない。そんな困難な妊娠に直面する女性を助けるために、わたしたちは力を尽くしたいと思います。もっと彼女の支えになれる社会の実現をめざしたいと思います。そして、どんなに切羽詰まった事情があるにせよ、一人の子どものいのちが無惨に強制終了させられる現実をともなうことなく彼女を救うことができると信じます。

However a woman driven to the thought of abortion is the socially vulnerable who needs more help than anybody else. She thinks she can’t keep her baby to be born, can’t raise her baby by herself. We think we must give it our best to help her confronting crisis pregnancy. We think we must change our society to give her more support. And we believe we can save her life without forced termination of her baby’s life.

わたしたちの「中絶やめよう」という合言葉は、産まれる前の子どものいのちと、困難な妊娠に苦しむ女性の人生と、その両方のLIFEを救おうと呼びかけるものにほかなりません。

Our slogan “Stop Abortion Now” must be called for saving lives both of unborn and woman.

 

▶︎ Saints 聖人たち

マザー・テレサ 
Mother Teresa

世界から、日本から中絶がなくなることを切に望んだマザー。

「中絶やめよう。そして養子縁組を広めよう!」と訴えました。

Mother visited to Japan and called to Japan stop abortion.

“Fight abortion by adoption”

ヨハネ・パウロ2世

John PaulⅡ

「いのちの文化」を築くことを願った第264代ローマ教皇。

「妊娠中絶」というあいまいなことば遣いを批判しました。

Pope hoped culture of life overcome today’s culture of death,

criticizing ambiguous term such as interruption of pregnancy. 

ジアンナ・モーラ

Gianna Molla 

おなかの赤ちゃんのいのちを守るために、自らのいのちを犠牲にした39歳のお母さん。ヨハネ・パウロ2世により列聖。

Lay Catholic willing to give her own life to save the life of her child.

Canonized by John PaulⅡ.

 

Mother Teresa マザー・テレサ

マザーが日本に来たのは、日本人に中絶をやめさせるためでした。

Mother came to Japan for the sake of letting Japanese stop abortion.

1981年4月22日、マザー・テレサが来日しました。極東の島国にやってきたいちばんの理由は、そこが「堕胎天国」だったからです。修道女というより活動家のように、マザーは行く先々で日本人に中絶をやめるよう熱心に説いて回りました。女子中高生たちを前にして「未婚の母になることを恐れて中絶という大きな過ちをおかさないで」と語りかけました。国会議員たちを前にして「勇気をもって中絶法と戦い、養子縁組がもっと利用しやすくなるように努力してください」と訴えました。

April 22 1981, Mother Teresa came to Japan. The main reason of her journey to an island nation in the Far East was that the nation was “Abortion Paradise”. She persuaded everyone in everywhere to stop abortion eagerly like an activist rather than a nun. She encouraged high school and junior high school students not to commit the evil of abortion for fear of being a single mother, urged members of the Diet to fight against abortion law and to make efforts for Japanese people to use adoption more easily.

育てられないからいのちを奪うというのではなく、育てられなくてもいのちは生かせることを、いのちのバトンが渡せることを、それが産みの親にとっても、育ての親にとっても、何より赤ちゃんにとって、そして社会全体にとって最良の選択であることが、これまでも多くの善意のひとたちによって実証されてきました。マザー自身、インドで中絶される運命にあった子どもたちのいのちを救うために3500組の養子縁組を成立させ、子どもたちと育ての親たちに幸せな家庭を授ける、いのちのバトンを渡す活動家でした。わたしたちは今、マザーの簡潔にして実践的な呼びかけに応えるよう招かれているのです。「中絶やめよう。そして、養子縁組をすすめよう」

Difficulty to raise a baby is not the reason of abandoning the life. If you are in crisis pregnancy and think you cannot raise your baby, you should know you could choose best choice for you a biological mother, for foster parents, of course for your baby, and for social welfare to pass your baby’s life to someone of good will. Mother Teresa was the active passer of life, engaging herself in 3,500 adoptions. She saved unborn lives doomed to be aborted, and gave them happiness of family. Today we are invited to respond her simple and actual call; “Fight Abortion By Adoption.”

ヒラリー・クリントンらの度肝を抜いた マザーの有名なスピーチ(*日本語字幕つき)

 

John PaulⅡヨハネ・パウロ2世

わたしたちは今、真理をしっかりと見据え、物事をまさにそのもの固有の名称で呼ぶ勇気をいよいよ持つ必要があります。安易な妥協、もしくは自己欺瞞の誘惑に屈してはなりません。この点に関して、預言者はきわめて正確に叱責のことばを述べています。「災いだ、悪を善と言い、善を悪と言う者は。彼らはやみを光とし、光をやみとする」(イザヤ5-20)。

とくに堕胎の場合には、あいまいな述語が広く使われます。たとえば「妊娠中絶」などはその一例で、これは堕胎の本質を覆い隠し、世論における重大性を弱めようとたくらむものです。このようなことば遣いに見られる現象は、おそらく良心に不安があることの兆候に違いありません。しかしながら、ことばには、物事の真実性を変える力はありません。堕胎はどのような手段でなされるものであれ、受精から出産へ至る人間としての生存の初期段階にある胎児を、意図的に直接に殺害することです。

(回勅『いのちの福音』58)

We need now more than ever to have the courage to look the truth in the eye and to call things by their proper name, without yielding to convenient compromises or to the temptation of self-deception. In this regard the reproach of the Prophet is extremely straightforward: "Woe to those who call evil good and good evil, who put darkness for light and light for darkness" (Is 5:20). Especially in the case of abortion there is a widespread use of ambiguous terminology, such as "interruption of pregnancy", which tends to hide abortion's true nature and to attenuate its seriousness in public opinion. Perhaps this linguistic phenomenon is itself a symptom of an uneasiness of conscience. But no word has the power to change the reality of things: procured abortion is the deliberate and direct killing, by whatever means it is carried out, of a human being in the initial phase of his or her existence, extending from conception to birth.

(Encyclical ”Evangelium Vitae” 58)

 

Gianna Beretta Molla ジアンナ・ベレッタ・モーラ

【小児科医・主婦・4人の子どものお母さん】

 pediatrician / working mother of 4 children

1922年 イタリア、マジェンタに13人兄弟の10番目として生まれる

        Tenth of thirteen children born in Magenta, Italy

1949年 メーゼロで小児科医院を開業

        Started a clinic in Mero

1955年 自身の産院で働く技師Pietro Mollaと結婚

        Married to Petro Molla an engineer in her clinic

1956年、1957年、1959年にお産

        Became mother to three children

1961年 4人目を妊娠 ★妊娠2ヶ月  子宮に悪性の繊維腫がみつかる

        Became pregnant with her fourth child

    Toward the end of her second month of pregnancy, diagnosed with a large ovarian cyst

医師による治療の選択肢は3つ ①中絶 ②子宮全摘(子の命も) ③腫瘍除去

the doctors gave her three choices: an abortion or a complete hysterectomy which means taking unborn child’s life or removal of only the fibroma

★ジアンナは腫瘍除去以外の治療を拒否 「子どものいのちを守りたい」

Wanting to preserve her child's life, Gianna opted for the removal of only the fibroma.

 

1962年4月21日(その年の復活祭) ★女の子を帝王切開で無事に分娩

April 21,1962  A baby girl successfully delivered by Caesarean section 

1962年4月28日 ★合併症による腹膜炎で死去

April 28, 1962  Gianna passed away from septic peritonitis

1994年4月24日 ★Beautification ヨハネ・パウロ2世により列福

April 24, 1994 Beatified by John PaulⅡ

2004年5月16日    ★Cannonization ヨハネ・パウロ2世により列聖

May 16, 2004  Canonized as a saint by Joho PaulⅡ

ヨハネ・パウロ2世は、聖人となったジアンナ・モーラ夫人を次のように称えました。

「シンプルにして、かつてない意義深い神の愛のメッセンジャー」

 “Gianna Beretta Molla was a simple, but more than ever, significant messenger of divine love.” From the canonization homily of Pope John PaulⅡ

 

妊娠SOS

妊娠した…こまった!のご相談は、小さないのちを守る会へ。

If you are in crisis pregnancy, do not hesitate to call Pro-Life Japan.

​☎

03-5577-6653

おなかの赤ちゃんのいのちと、お母さんの人生を助けるために、「妊娠中絶防止」を活動の柱に牧師・辻岡健象先生が1984年に設立された小さないのちを守る会。これまで300人以上の赤ちゃんのいのちを救い、新しい家族の元に尊いいのちのバトンを渡してきた小さないのちを守る会とともに、マーチフォーライフは歩みをつづけます。

Pro-Life Japan was organized in 1984 by Pastor Kenzo Tsujioka with it’s motivation to Prevent Abortion for helping life of unborn and welfare of mother. March for Life Japan will go on marching with Pro-Life Japan of Pastor Tsujioka having saved 300 and more babies’ precious lives to pass them to foster families.

 

TEL:03-5577-6653

東京都千代田区神田駿河台2-1 208号

208, 2-1 Kanda-Surugadai, Chiyoda-ku, Tokyo

□タイヒバンTaihiban

マーチフォーライフの拠「店」が、東京・吉祥寺にあります。マーチフォーライフ実行委員会代表の池田がオーナーをつとめる風変わりなレストラン「タイヒバン」がそれです。マーチの参加者やいのちへの熱い思いを持つ人たちがあつまる日本のプロライフ活動の拠点です。イベントも開催しています。いのちをめぐるさまざまなお問い合わせに対応します。お気軽にご連絡ください。オーガニックな食材を使ったこだわりのお料理もお楽しみください。

March for Life Japan has the basement store in Kihichoji,Tokyo. The curious restaurant “Taihiban” is it owned by organizer of MFLJ Masaaki Ikeda. The restaurant embodies Pro-Life center in Japan.

TEL 0422-27-1392

東京都武蔵野市吉祥寺本町2-22-3

2-22-3 Kichijoji-honcho, Musashino-city, Tokyo

HELP JAPAN T0 STOP ABORTION

妊娠中絶のない、すべての人の命が大切にされる世界をめざして
Toward abortion-free society embracing every human life

Subscribe to Our Newsletter

プライバシーポリシーに同意出来る方はボタンを押して下さい

© 2018 byマーチフォーライフ

  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon