Stop Abortion Now 中絶やめよう

▶︎manifesto マニフェスト

この社会が中絶をやめれば資本主義は暴走をやめる。

Our Society Stop Abortion,Capitalism Stop Runaway.

グローバリゼーションの名の下にある資本主義は、文字どおり「いのち」を欠いたシステムです。血も涙もなく、ただ自らが拡張し生き延びることだけを目的化するシステムです。このシステムの中でわれわれ現代人は汲々として、あるいは何も考えないふりをして、たまりつづけるストレスに鬱々としながら、ただシステムがつくり出すシステムにとって都合のいいルールやマニュアルに従うだけの日々を送っています。

Capitalism under the name of Globalization is a genuine system of lifeless. The goal of the system is just expansion of it’s own, with no humanity, no compassion. Today we are engaged in the system following the rules and manuals only suitable for the system itself not for us, while we are always eager for something empty, or pretend to feel nothing, being depressed by continuous heavy stress.

 

ほとんどの日本人が、中絶はよいことではないが仕方がない場合もある、と思わされているでしょう。その諦めが、「いのち」を取捨選択が可能な商品の位置に貶めます。「いのち」を殺して、システムが生き残るために、社会のすみずみに「中絶の黙認」を浸透させておくための周到なイメージ戦略をはりめぐらします。中絶が痛みも苦しみもないお手軽な虫歯の治療程度のものとして女子高生に受け入れられているとしたら、それはひとつのイメージ戦略の成果です。

Most of Japanese seem to be obliged to think that abortions under some circumstances are inevitable although abortion itself is not good. This obscurity may look down Life as something like commodity that you can sell or buy. The system revolves an ingenious imaginary scheme to infiltrate Permission of Abortion around the society for it’s own survival by killing Life. If a teenager considers abortion as much like easily cavity protection with no pain or no harm, it must an outcome from the imaginary scheme of the system.

 

中絶支持者たちは自らをプロチョイスと称します。選択できる権利、自己決定する自由を個人の至高の原理と考えます。しかし、それがシステムを超えた普遍の原理となるのでしょうか? 他者を顧みない個人主義者は、GDPの数字しか眼中にない政治家同様に、システムの忠実な僕です。自分でチョイスすることのほとんどが「他人の欲望」によって決定されている罠に気づかず、どこまで行っても本物の自己決定には至れないまま、虚しい自分探しをつづけるでしょう。

Abortion supporters call themselves “Pro-choice”. Their supreme value is the right to choose, to make self–determination freely. But can it be a universal principle beyond the system? Individualists taking no notice of others are faithful servants of the system just as politicians taking only notice of GDP. They will continue a self-discovery in vain, not knowing the trap that almost all of their choices are determined by Desires of Others, not reaching to a genuine goal of true self-determination.

 

「平和に対する最大の脅威は中絶」であり、「母親が自分の子どもを殺せる現実に比べればどんな悲惨な殺戮や戦争も驚くに値しない」と、マザー・テレサは言いました。平和を求める様々な活動が、もし中絶の問題をやり過ごしているのなら、それは木を見て森を見ない取り組みになってしまうでしょう。脱原発が達成できても、システムは当新たな暴走を始めるでしょう。今日の日本が中絶について語ることをタブーとする社会であるなら、日本人は「裸の王様」にひれ伏す哀れな臣民と同じです。

Mother Teresa said abortion is “the greatest destroyer of peace today” and if a mother can kill her own child “we must not be surprised when we hear of murders, of killings, of war, of hatred.” Any peace seeking activity without referring abortion issue will be one not seeing the wood for the trees. The system will restart a runaway even though abandoning nuclear power generation can be achieved. If Japan is the society taking abortion issue to be taboo, Japanese are totally pathetic servants prostrating themselves before the emperor who had no clothes.

 

システムの外部に立つためには、絶対的な他者——産まれる前の子どもの側に立てなくてはなりません。すなわち唯一プロライフという立場が、システムを制御可能にするでしょう。「中絶を黙認する精神」が暴走する資本主義というシステムのアキレス腱です。その腱を断ち切れば、すなわち「中絶の否認」を社会が達成することができれば、暴走は止まるでしょう。「中絶やめよう」と声を上げる日本人になりましょう。「王様は裸だ」と声をあげた子どものように。

To stand out of the system is necessarily to stand by the unborn that is absolutely one person. Consequently, to be Pro-life can control the system. Attitude toward Permission of Abortion is the Achilles’ tendon of the system accelerating a runaway. To tear the tendon, that is, to get attained new attitude toward Denial of Abortion, a runaway of the system will stop. Be a Japanese proclaiming “Stop Abortion”, just like a child having cried out “The Emperor is naked!”

▶︎campaign キャンペーン

日本が「いのちの文化」に向かうための8つの「中絶やめよう」

 For Japan to build Culture of Life, eight ways of STOP ABORTION NOW

▶︎NEWS ニュース

May 15, 2018

ウェブサイトリニューアルオープン! Launched our new website

We have just launched our new website. We hope various people around the world would visit to the base of pro-life movement in Japan. There are so many Marches for Life all over the world nowadays. Our march may be the smallest one and still unsteady steps like toddler. But March for Life Japan will be the most international March in the world. The whole world will begin marching together for Japan to stop abortion. The trigger to change the world into “culture of life” will be pulled in Japan. Thank you for marching with us.

 

ウェブサイトがリニューアルしました。 世界中からいろいろな人たちが、この日本におけるプロライフ運動の拠点を訪れてくれることを願っています。 今日では世界の至るところでマーチフォーライフがおこなわれています。 日本のマーチはその中でもっとも小さいでしょうし、まだまだヨチヨチ歩きです。 しかし、日本のマーチフォーライフがもっとも国際色ゆたかなマーチとなるでしょう。 日本が中絶をとめられるように、全世界がともにマーチの歩みを始めるでしょう。 世界を「いのちの文化」に向かわせる引き金が日本で引かれることになるでしょう。

Please reload

 
 
 

Subscribe to Our Newsletter

プライバシーポリシーに同意出来る方はボタンを押して下さい

© 2018 byマーチフォーライフ

  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon